コンテンツ
お問い合わせはこちら
株式会社 オークマ
〒343-0804
埼玉県越谷市南荻島1186
TEL.048-974-3131
FAX.048-977-1130

※データや画像の送付等はこちら

info@kk-okuma.com

■配送エリア
・関東(一部地域を除く)



豆知識

ダンボール箱の形状

ダンボール箱の形状について

ダンボール箱の形状には主に以下のようなものがあります。これ以外のオリジナル形状につきましてもお客様のご要望にできる限りお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。


A式

A式の段ボールケースは一般的に段ボールと言われるタイプで、別名みかん箱タイプと言われています。 段ボールの材質も色々あり,型なしで、寸法が自由に変えられます。
中に入れる荷物により材質や厚み (AF・BF・ABF)や色 (クラフト色や白)などが選択できます。

>厚み (AF・BF・ABF)についてはこちら。
>色 (クラフト色や白)についてはこちら。

A式段ボール

B式

B式の段ボールケースは差込みがあるタイプです。商品の出し入れが簡単にでるので、内箱によく使われます。B式には、型抜きするものと型抜きのないものがありますがどちらも畳めるので使用後かさばりません。
厚みは型抜き (トムソン抜き)するものはBFとEFが一般的です。型抜き (トムソン抜き)のないものはAFかBFが一般的です。

>厚み (BF・EF・AF)についてはこちら。

B式段ボール

C式

ミとフタに分かれているケースをC式と呼びます。ギフトケースなどでよく使用され、底が抜けないので安心です。C式には額縁があるタイプとないタイプに分かれますが、どちらも組み立てが必要です。
抜き型 (木型)が必要です。

C式段ボール

N式

C式とC式を合わせたのがN式で、ギフトケースやディスプレイ用として使用されます。 組み立てが必要で、抜き型 (木型)が必要です。

N式段ボール

板ダンボール (パット)

シート状のダンボールを一定の大きさに裁断します。主に箱内の中敷やセパレータ、緩衝材として使われます。


>ダンボール豆知識一覧へ戻る